床ハラ

2019年5月13日 Hashimoto

就活生の皆さん、こんにちは!Hashimotoです。
2020年大卒採用もいよいよ佳境に入ってまいりました。
順調な方もそうでない方も、もうひとふん張りです!
さて先日、社内システム用のパソコンの入れ替えがございました。
新しいパソコンがくるぞー、と喜んでいましたら
企画室にあるはずのハブがない、と言われました。
どうやら床の中に埋もれている可能性が高い、とのこと。
タイルカーペットをはがし、OAフロアをひっくり返して大捜索のスタートです。

ちょうどいいので、学生の皆さんに向け商品知識のご紹介です。
オフィスによく使われる、『タイルカーペット』は50cm角のカーペットです。

 

床ハラ1
互い違いに置いて、市松模様にしたり

 

床ハラ2
色の違うものをポイントで置いてデザインに変化をつけたりできます。

 

床ハラ3
その下に『OAフロア』、または『二重床』と呼ばれる下駄のような材料があって、
生じた空間にケーブルをはわせることができます。
写真のようなプラスチック製のものや金属製のもの、サイズも色々ございます。

 

床ハラ4

床ハラ5

このOAフロアの上に『ピールアップ糊』と呼ばれる粘着の弱い糊を塗って、
タイルカーペットを敷きます。ふせんのようなもので、貼ってもすぐはがせます。

オフィスの床ってこんな風になっているんだね~。

 

床ハラ6

で、肝心のハブは、あるとするとこの辺なんだけど…ぜんぜん見当たらない
よくよく調べたら企画室ではなく、隣の部署にあったとか。
このタイプのOAフロアけっこう開け閉め大変で、しかもピールアップ糊が靴の裏や手にベタベタついてやっかいなことに!見ててほんとに大変だなあと思いました。

 

え、わたし?やってないですよ。大変だもん。
企画室の若きエースSatoが頑張りました。
SatoはGW中にカップ麺のお湯でヤケドを負い、手に痛々しい包帯を巻いてますが。

そんな部下にやらせるという。

 

床ハラ7
最近は上司のあらゆる指示がなんでもハラスメントになり得ますよね。
これも該当するのでしょうか。
床をはがして元に戻させるハラスメント、略して床ハラ~、とか。
ハブ無いのにw

Sato君ごくろうさま。今度おごるから許して。